糖尿病で一番恐ろしいのは合併症を起こすことです

糖尿病で一番恐ろしいのは合併症をおこすことです

スポンサードリンク

糖尿病は病状が悪化すると様々な合併症を起こすとても恐ろしい病気です。
高血糖をほうっておいたり治療が遅れると、ブドウ糖は血液中にあふれ、
ブドウ糖そのものが変更したり、体中の細胞のタンパク質にくっつくことになります。
また、脂肪やタンパク質の代謝にも悪影響を及ぼすことになります。

 

やがてそれらが原因となり、全身の内蔵や組織の働きを妨げ、血管や神経を傷つけるようになります。
そうすると、目の障害・網膜症とか腎臓の障害・腎症、神経障害など、合併症が複合して引き起こり、
生活の質を著しく低下させることになります。
それは、命に関わる心血管疾患や動脈硬化の進行を促進します。

 

合併症は糖尿病と診断されたときから気をつけなければなりません。
治療を続け、血糖値を適正な値にコントロールしないと合併症の発症率は高くなります。

 

糖尿病に特に起こりやすい合併症
●糖尿病神経障害  ●糖尿病網膜症  ●糖尿病腎症

 

3大合併症以外にも重要な合併症があります。
動脈硬化によるものです。

 

・大動脈瘤 
大動脈とは心臓から全身へ血液を送り出す太い血管のことです。
ここに動脈硬化が起こると、動脈壁がこぶのようにふくらみ、これが大動脈瘤です。
お腹にできることが多く、破裂すると体内に大出血を起こし死を招きます。

 

・脳梗塞 
血のかたまり(血栓)が脳の動脈に詰まり、血流が止まる病気です。
酸素不足による脳細胞の壊死、半身マヒ、感覚障害、言語障害、視野障害などが生じます。

 

・心筋梗塞 
心臓への血流の減少、血栓による完全な血流の途絶えにより心臓の一部が壊死する病気です。

 

・狭心症 
心臓への血流が滞ることで心臓の筋肉が酸素不足に陥り起こる病気です。
急に胸を締め付けられるような痛みが出ます。

 

・閉塞性動脈硬化症 
太もも、あるいは太ももへつながる下腹部の動脈に血栓が詰まって起きる病気です。
初期症状としては、足に冷えやしびれを感じます。
やがて筋肉が痛むようになり、休みながらでないと歩けなくなります。
ほうっておくと壊疽を起こし、足を切断せざるをえなくなります。

スポンサードリンク