糖尿病の食事メニュー

糖尿病の食事メニューについて

スポンサードリンク

今現在では若い年代は特に、食事が欧米化しています。
ハンバーガーにポテト。
洋食中心の食生活が普通であるかのように、洋食は食事の過半数を占めています。
それでも、日本人が主食にしたいのはお米です。
お米は理想的な主食であり、そもそも日本の食事は理想的な食事なのです。

 

ご飯には塩分を含んでおらず、低脂肪でどんなおかずにもあわせやすいので、献立構成にも適しています。
腹持ちがよいという点も、間食を控えやすいのでまさに理想的な食事といえます。

 

そして次にタンパク質です。
肉類、魚介類、大豆・大豆製品、牛乳」・乳製品の4種類に分けられ、これらをバランスよくとることが大切です。

 

最後に野菜です。
ミネラル、ビタミン、食物繊維たっぷりの野菜は、毎日欠かすことのできない食品です。
食物繊維は血糖値の急上昇を抑制する作用があり、生活習慣病の予防にも欠かせない栄養素です。
野菜に多く含まれるビタミン、ミネラルは、それ自体はエネルギー源にはなりませんが、
ブドウ糖や脂質、タンパク質の代謝がスムーズにするために必要な栄養素となります。

 

基本的には、主食、タンパク質、野菜、これだけです。
そして、これが糖尿病治療の基本的な食事なのです。

 

糖尿病治療のための食事だから大変だと思いがちですが、普段の健康な人の食事と同じでいいのです。

 

ただ、糖尿病ですから、気をつけなくてはならない点がいくつかあります。
それについては、糖尿病のおすすめの食事療法、糖尿病に限らず食事の食べ方についてをご参照ください。
そして、決して難しい方法ではないので実践してみてください。

スポンサードリンク