糖尿病の症状で思い当たるものはありますか?

糖尿病は何が原因で発症するのでしょう

スポンサードリンク

糖尿病には成因により1型糖尿病と2型糖尿病、その他に膵臓の病気・膵臓の外科的切除などでなる糖尿病と妊娠糖尿病の4種類に分けられます。

 

ここでは主要な病態となる1型糖尿病と2型糖尿病についてお話します。

 

1型糖尿病
膵臓から分泌されるインスリンが急速に低下し、高血糖となる。

 

 

2型糖尿病
インスリン分泌障害とインスリン抵抗性の増大が様々な程度で生じ、慢性の高血糖状態になる疾患。

 

 

1型糖尿病(全体の約5%)の成因
特徴は、発症時期が主に小児〜青年期、そして正常〜やせ型体系が多いです。
成因は自己免疫・遺伝因子など、また、ウィルス感染などの環境因子が引き金となって自己免疫に異常が起こり、膵β細胞が破壊されることにより発症すると考えられています。

 

 

2型糖尿病(全体の95%以上)の成因
主に中高年に多く、正常〜肥満体型に多く見られます。
成因は遺伝因子が関わっていますが、関与の程度は1型よりも2型のほうが強いようです。
また、2型糖尿病の成因として生活習慣が重要視されます。過食、過食の結果から肥満、運動不足など、いずれも改善可能な部分であることが、今後も注目すべき意識点となることは間違いありません。

 

 

遺伝因子として遺伝子異常が同定されたもの、他の疾患、条件に伴うもの
遺伝子異常、肝臓や膵臓の疾患、感染症、免疫機序によるまれな病態などにより起こる糖尿病。薬剤が原因となる場合もあります。

 

 

妊娠糖尿病
妊娠中に発見された糖尿病で、新生児に合併症が出ることがあります。

スポンサードリンク