糖尿病におすすめしたい食事療法です

糖尿病におすすめしたい食事療法です

スポンサードリンク

ここでご紹介する糖尿病におすすめの食事療法は、書籍やテレビでも取り上げられている代表的な療法です。スタイルとかダイエットの関心をお持ちの方は、実際に実践していますし、実践されている方は、実際に健康です。
その方法は、体にも無理のない食事法なのでしょう、自然と習慣になり、本能的に体が食事法や食べ方を好むようになります。

糖尿病におすすめの食事療法

基本的な食事は、主食、タンパク質、野菜からなります。
まず食卓につき、食事を目の前にしたとき、一番に何を口にしますか?

 

ここで、主食となる炭水化物、タンパク質、野菜について解説しましょう。

 

炭水化物が血糖値を上昇させると覚えているようですが、
正確には、炭水化物は糖質と炭水化物に分けられ、糖質は穀類やイモ類のでんぷんや、
果物や甘味料に含まれる果糖やショ糖があり、それらが血糖値を上げています。

 

次にタンパク質、食事のメインとなるおかずです。タンパク質は不足すると血管がもろくなります。
皮膚のハリも失われていくでしょう。免疫力の低下だったり、疲れやすくもなります。
タンパク質は細胞をつくるもととなる大事な栄養素なのです。
腸管の細胞もタンパク質でつくられているので、欠かせない栄養素でもあります。

 

そして、野菜です。食物繊維のグループでいうと、野菜だけでなくきのこ類や海藻類も野菜に分類されます。
食物繊維は、栄養素の代謝を促すビタミンやミネラルが多く含まれ、血糖値の急上昇を抑えます。
生活習慣病の予防や改善には欠かすことのできない大切な栄養素なのです。
ビタミンやミネラルは病気の予防にもなりますので、野菜は多くとりましょうとよく言われるわけです。
もっと言うと、糖尿病だけでなくメタボリック・シンドローム、がんの予防や改善にも役立ちます。

 

さて、食事を目の前にしたとき、何を一番に口にした方がいいのでしょう。

 

そうですね。野菜です。
最初に血糖値の上昇を抑制する野菜を食べ、そのあとでタンパク質や炭水化物を摂った方が、血糖値の上昇を抑えられるのです。

 

消化は口にしたものから始まるので、先に抑制してねと教えていれば、後から血糖値を上昇させる糖質がきても
、抑制しながらの上昇になります。血糖値の急上昇を抑えることができるのです。

 

この方法がメディアで取り上げられるほど有名なのもうなずけます。
実際に実践してみて効果があると実感できるのですから、おすすめしないわけにはいきません。

スポンサードリンク